婚約指輪選びは賢く【輝く宝石のような思い出をプレゼント】

装飾品

婚約する際の指輪

ハート

婚約指輪とは、結婚を決断して婚約する際に相手に送る指輪のことです。結婚する際には、これとは別に結婚指輪と呼ばれるものがあり、これは結婚するふたりがペアで用意したものを結婚式でお互いの指にはめる、という儀式をする際に使うことが多いようです。また、結婚指輪は結婚してから常に着用することが多いのも特徴です。それに対し、婚約指輪は、婚約したときから結婚にいたるまでの期間に着用することが多く、結婚指輪のようにはっきりとした習慣は少なく、男性から女性にのみ、プロポーズの意味も含めて送る場合や、双方が結婚の意志を確かめるためにペアでそろえる場合まで、様々なシチュエーションがあるようです。また、結婚指輪が金やプラチナなどのみのシンプルなものが主流なのに対し、婚約指輪の形態は、宝石をあしらったものや様々なデザインを施したものなど、形態もより自由な場合が多いようです。

婚約指輪が人気である理由は、まず、それが結婚をする約束をしたというシンボルであるということだといえます。それまで恋愛の対象としてみていた相手が、結婚をするという約束をした相手にかわるということは、その人と今後の人生を一緒に歩んでいくという重要な決断をしたということですから、婚約指輪のシンボルとしての重要性は高いといえます。それは人生の中でも大きな出来事のひとつであり、ふたりで下した始めての大きな決断でもあるわけで、そのシンボルとしての婚約指輪の人気が高いのはある意味で当然だともいうことができます。また、結婚指輪に比べて、様々なデザインや形態を選ぶことができるのも人気の秘密だということができます。それだけ、ふたりがどのような結婚観を持っているのか、表現しやすいともいえます。